【関西】定例研究会報告 中東世界と一帯一路

 2月15日午後、貸会議室オフィスゴコマチ(京都市)にて、民族文化研究会関西地区第22回定例研究会が開催された。
 報告者はノンフィクション作家の小滝透氏。「中東世界と一帯一路」と題し、中東における宗教問題・民族問題と中国の推進する一帯一路構想の関係を概観した。小滝氏はサウジアラビアのリヤド大学に留学経験があり、中東情勢に詳しい。
 まず、小滝氏は、イスラム教の宗派間対立を基本的構図とする中東情勢を概観し、続いて一帯一路構想の実像を説明した。小滝氏によると、中国からユーラシア大陸を経由してヨーロッパに繋がる経済圏を形成しようとする一帯一路構想において、中東は重要な地域として位置付けられるが、複雑な中東情勢を鑑みるに、対中東政策は一帯一路構想の蹉跌になりうる。
 中国の覇権主義に対応を迫られる日本にとって、一帯一路構想の趨勢は極めて重要な問題である。本報告は、こうした問題に対して正確な認識を得る貴重な機会となった。中東情勢についても、わが国では知識を得づらく、本報告は非常に参考になった。
 また、議論は中国の覇権主義の歴史的背景や、中国国内のイスラム教徒に対する弾圧政策にまで及んだ。活発な質疑応答がなされ、盛会だった。

 

f:id:ysumadera:20200217144502j:plain

報告する小滝氏

 



 

【役員動静】宮田顧問の新著『満洲事変——「侵略」論を超えて世界的視野から考える』刊行

 当会の宮田昌明顧問の新著『満洲事変――「侵略」論を超えて世界的視野から考える』がPHP研究所から刊行された。

 本書は、近代日本の歴史的展開を、権威主義的体制の確立とアジアに対する軍事的進出というステレオタイプのもとで理解する侵略史観を相対化し、近代国際秩序の形成という長期的な歴史的文脈を踏まえ、理念と現実が複雑に交錯する当時の状況を多面的・複合的な視座から理解することを目指し、同時並行的に各国の情勢を概観する手法によって、戦前期の国際秩序にとって転機となった満洲事変を検討する。

 第一章「清朝の近代化とその変容」・第二章「近代日本の形成と日清・日露戦争」・第三章「辛亥革命第一次大戦と東アジア」では、近代化の挫折・清朝の瓦解による内紛・欧米諸国の干渉によって、中国において排外主義が高揚し、日清・日露戦争の勝利によって、国際秩序の担い手の一角を占めるにいたった日本が、こうした排外主義に直面する状況が概観される。

 第四章「一九二〇年代の国際理念と東アジア情勢」では、英米を中心に二〇世紀の国際秩序が形成されたが、民族自決や戦争違法化を謳いつつ、実際は欧米優位の安定的な国家関係の構築を目指し、大国間の利益調整を行うものに過ぎず、この国際秩序に対応するなかで、日本が次第に不利な立場に陥っていく状況が、当時の東アジア情勢を踏まえ叙述される。第五章「満州事変」では、第一章から第四章まで確認されてきた、当時の国際秩序についての基本的構図を踏まえ、満州事変が分析される。

 

f:id:ysumadera:20200212092140j:plain

宮田昌明『満洲事変』(令和元年、PHP研究所

 

【東京】定例研究会のご案内

 

f:id:ysumadera:20200212204607j:plain

次回の民族文化研究会東京地区定例研究会は、下記の要領にて開催します。万障繰り合わせの上ご参加ください。

東京地区第25回定例研究会

日時:令和2年3月8日(日)14:00~17:00
会場:早稲田奉仕園スコットB1
   東京都新宿区西早稲田2‐3-1
   https://www.hoshien.or.jp/
予定報告者:金子宗徳(里見日本文化学研究所所長、本会顧問)「日本仏教における聖徳太子
      渡貫賢介(本会東京支部長)「歴史家としての天皇陛下
会費:1000円
​主催:民族文化研究会東京支部
備考:この研究会は、事前予約制となっております。当会の公式アドレス(minzokubunka@gmail.com)までご連絡ください。また、会場の開室は14:00になります。それまではセミナーハウス内のラウンジにてお待ちください(今回は、いつもと部屋が異なりますのでご注意ください)。

【関西】定例研究会のご案内

 

f:id:ysumadera:20200213003242j:plain


次回の民族文化研究会関西地区定例研究会は、下記の要領にて開催します。万障繰り合わせの上ご参加ください。

関西地区第22回定例研究会

日時:令和2年2月15日(土)16時30分~19時30分
会場:貸会議室オフィスゴコマチ304号室
   京都府京都市下京区御幸町通り四条下ル大寿町402番地 四条TMビル
​   http://office-gocomachi.main.jp/

予定報告者:小滝透(ジャーナリスト)「中東世界と一帯一路」
会費:800円
​主催:民族文化研究会関西支部

【東京】定例研究会報告 『保建大記』の今日的意義について・あいちトリエンナーレ問題から考える人権

令和2年1月26日(日)15:30~18:00、民族文化研究会東京地区第24回定例研究会が早稲田奉仕園にて開催されました。

第1報告は、折本龍則氏(浦安市議会議員)による、「『保建大記』の今日的意義について」でした。氏が出版した『崎門学と『保建大記』 皇政復古の源流思想』(崎門学研究会、令和元年)を用いつつ、栗山潜峰『保建大記』が説いた大義名分、南朝正統論の今日的意義を説くもので、氏の国内外における経験が織り交ぜられた熱のこもった報告となりました。

第2報告は、輿石逸貴(本会会長)による、「あいちトリエンナーレ問題から考える人権」でした。昨年起こったあいちトリエンナーレを巡る一連の事件について、世上に流布する展示に対する擁護論に対し、法律家としての立場から判例その他を交えつつ具体的な検討・批判を加えるものでした。

次回は令和2年3月8日(日)14:00~17:00、早稲田奉仕園スコットホールB1にて開催予定です。ディープな内容を織り交ぜつつ、楽しく学べる会運営を心掛けておりますので、関心のある方はお気軽にご参加下さい。
(東京支部長・渡貫)

f:id:ysumadera:20200126220326j:plain

報告する折本氏

会報「大八洲」の発刊が決定

 このたび、民族文化研究会では、社会の各層に幅広く情報を発信し、当会における研究成果の普及を図るため、会報「大八洲」の発刊を決定しました。本年三月一日の創刊に向け、すでに編集作業に入っております。

 会報「大八洲」は、わが国の民族文化・諸外国の民族問題に関する論説・書評を掲載し、また当会の活動を紹介することによって、民族文化・民族問題の学術的研究に貢献することを目指します。

 頒布方法としては、PDF版を会員やメールアドレスを登録した誌友に無料で提供し、高度な誌面でありつつ、手に取りやすい環境を実現します。詳細は、公式HPの「大八洲」紹介ページをご覧ください。購読は、同じく公式HPの購読申込フォームにてお手続き下さい。

大八洲」基本情報

◇編集責任者/湯原静雄(当会関西支部長)
◇創刊/令和2年3月
◇発行形態/PDF版
◇購読料/無料
◇発行日/毎年3月1日(年刊)
◇判型/A4判
◇頁数/30~50

 

f:id:ysumadera:20200202084038j:plain

大八洲」創刊号・表紙(予定)


 

【関西】定例研究会報告 近世期における神道神学の展開――中野裕三『国学者の神信仰』を読む(第1回)

令和2年1月11日に開催された民族文化研究会関西地区第21回定例研究会における報告「近世期における神道神学の展開――中野裕三『国学者の神信仰』を読む(第1回)」の要旨を掲載します。

はじめに――「神道神学」の理論的方向性

 わが国の民族文化の中心である神道に対する理解は、民族文化の学術的研究に際して中心軸をなす。ところが、神道は理論(神学)ではなく実践(祭祀)を中心に展開した沿革をもち、とりわけ中世期において他宗教(仏教)との折衷(習合)を経験し、一義的に信仰の内容を体系的に理解・把握することが容易ではない。こうした揺れ動く、不安定な神道像を確立せんとして、近代にいたって神道に対する神学的アプローチを援用する研究が出現するにいたった。こうした一群の研究は、おおむね「神道神学」と呼称される。
 問題は、多様な神道像を整序するため、あるいは神道信仰を堅牢なものとするため援用されるにいたった神道神学においてすら、立場の径庭が大きかったことである。神道の把握にあたって欠かせない神道神学は、いかなる理論的方向性を志向すればよいのか。ここで、手がかりとなる概念として、すぐに思い至るのが、各論者の展開する神道神学において、共通の理論的資源として用いられている、国学者の展開した神道思想である。上田賢治は、国学者の展開した神道思想を「古典神学」と呼称しているが、かかる近世期の国学者による「古典神学」に遡行することによって、神道神学に豊かな理論的成果を与え、その神道像の整理に役立つのではないか。
 かかる神道神学と国学者の信仰(古典神学)の架橋という問題意識を本格的に展開しているのが、本稿で読解する中野裕三『国学者の神信仰――神道神学に基づく考察』である。上記の問題意識に立脚しつつ、同書における主張を紹介・検討したい。

 

一 「序論 戦後神道神学研究史と本書の課題」

 まず、中野は、戦後の神道神学を分類・総括し、今後の展望を明らかにするのは、極めて困難であるとする。神道神学についての業績をもつ研究者の間でも、神学なる学問の性格をいかに規定するのか、あるいは神道神学において何を第一義的な研究資料にするのか、という点で、明確なコンセンサスが得られていないからである。
 こうした神道神学の多様性を踏まえ、以後は戦後神道神学の概要が提示され、その立場の疎隔が確認されていく。ここで対象になるのは、小野祖教・安津素彦・上田賢治という、神道神学という領域そのものを切り開いた神道学者らの業である。
 小野祖教は、連合国軍総司令部による「神道指令」によって神道界が混乱を来たし、統一教義を示すことで、神道界の結束を堅牢なものにすることが要請された情勢下で、神社本庁の教学部門のトップとして、神道神学の研究にあたった。
 小野の神道神学は、神道信仰の核心を、神道祭祀の信仰的・意味的な分析に基づき、体験的に把握することを志向するものだった。小野の神道神学では、記紀といった神道古典も、祭祀の含意を把握する上での典拠として援用されるにとどまっており、祭祀をはじめとする信仰の実践に比重がおかれた神道神学(「祭り型神道」)だとされる。
 安津素彦は、祭祀に重点を置く小野とは対蹠的に、記紀といった神道古典を重視する立場を取る。安津の神道神学は、古典神話に対する厳密な語義論に基づいて、神道信仰を分析する。こうした神話に示された信仰を、古語の厳密な分析を通じて明らかにしようとする姿勢は、国学を意識している。
 こうした文献学的アプローチに加えて、安津の神道思想を規定するのが、民族性という視座である。民族宗教である神道の分析に際し、民族性の視座は当然ながら重視される。安津の記紀分析は、単なる神道信仰の内実の規定を超え、日本人土着の思考の探求という側面を色濃くもっているとされる。
 上田賢治は、小野や安津の業績を引き継ぎ、國學院大學で「神道神学」の講座を受け持ちつつ、自身の神道神学を展開した。上田の神道神学の大きな特徴は、宗教心理学を援用している点だとされる。上田は、人格心理学が明らかにする「健康な心」を獲得せしめる働き、すなわち自己の人生に意味を見出さしめ、積極的・創造的に生を生きる力の源が、人格における宗教の機能だとする。こうした宗教心理学に基づいた宗教の機能をもとに、神道における人間観・罪業像が検討される。
 さらに、特筆すべきなのが、国学における神道観を、明確に神道神学だと認識している点である。小野祖教が、国学をあくまで古典文献学の射程に収めようとするのと対蹠的に、上田は国学における神道思想を「古典神学」と呼び、そこに神道神学の重要な理論的資源を見出す。この点は、安津と軌を一にする。
 ここまで、小野祖教、安津素彦、上田賢治を中心として、戦後神道神学研究史を概観して、中野は「その方法論において見解の一致をみることは極めて難しい」と結論づける。しかし、他方で、これらの神道神学認識には、共通点も存在するとする。それは、神学が研究者の信仰に根差していること、そして信仰のアイデンティティの確立を目指していること、であるとされる。
 さらに、この二点に神学の性格を見出すのならば、「神道神学」という呼称がまだ存在しなかったとはいえ、近世の国学者神道思想は、十分に「神道神学」たる性格をもつ、と指摘される。ここでは、近世の国学者神道思想を「古典神学」と呼んで重視した、上田賢治による「神道神学の現代的展開とその組織化を考えようとする場合にも、有効な基礎資料の一つになる」という国学認識が意識されている。すなわち、神道神学の性格をもち、現代日本における神道神学の理論的資源になっている国学神道思想を検討することで、神道神学の現代的展開とその組織化の手がかりを得るのが、本書の意図するところなのである。
 こうした構想に従い、本書では本居宣長橘守部、鈴木重胤、常世長胤、御巫清直らの神道思想が検討されることになる。

 

(続)

 

参考文献

中野裕三『国学者の神信仰――神道神学に基づく考察』(弘文堂、平成21年)

 

f:id:ysumadera:20200121001758j:plain

中野裕三『国学者の神信仰』